Day: June 20, 2022

インドネシアの武道とプンチャックシラットインドネシアの武道とプンチャックシラット

インドネシアの武道とプンチャックシラット
インドネシアの武道とプンチャックシラット   インドネシアで作成され、利用されているネイティブタイプの戦闘スタイルは、実際にはプンチャックシラットと同じように決定されます。プンチャックシラットは、実際には、多くの挑戦者に対して自己防衛に集中する戦闘設計です。ラベルには、戦闘スタイルに関する2つのインドネシア語のフレーズが含まれています。「Pencak」(ジャワ島本土と東ジャワから来る)は、効率要素または移転の出荷の方向で推奨を作成しますが、「silat」(スマトラ内で使用) )自己防衛に関連する概念に関連付けられています。基本的に、プンチャックシラットは、実際にはインドネシアの戦闘デザインの人気のある場所ごとに推奨されています。 インドネシアの戦闘スタイルの始まりと進歩は、理論的には記録されていませんでした。プンチャックシラットの歴史的な過去の時代に関する情報は、実際には、神話の物語とともに、歯科のカスタマイズされた歴史的な検索に基づいています。 物語に従って、シラットは最初に特定の女性を通してスリビジャヤ内で系統的に指示されました。多くの地域で実際に物語のさまざまなバリエーションがありますが、すべてが実際には女性、ラマ・スカナであり、非常に早い段階でシラットを始め、それが武術のスタイリッシュな部分を決定するという契約が残っています。   1つのプロファイル内 Rama Sukanaは、酔っ払った男から来る自分自身を守るために、鳥や虎に関連する戦闘運動が実際に適用可能であると実際に述べられました。彼女は、トラを見た後の動物の移動や重要な鳥の戦闘を模倣する能力を持っていました。 (他のさまざまなバリエーションでは、彼女が見たペットの戦闘は実際にはトラと類人猿の間にあったと述べています。)動物の位置と動きに基づいて、彼女はスタイリッシュな戦闘方法を開発し、仲間のラマ・イスルナに指示しました。 。ラーマ・スカナの護身術のデザインは、実際にはその後、家系図とともに受け継がれました。 1949年にインドネシアとオランダが懸念を抱いた衝突の後、プンチャック・シラットの理解を得たインドネシア人と国際系の統合されたインド人は、国際的な国々に素晴らしい工芸品をもたらしました。 プンチャックシラット プンチャックシラットは、インドネシアだけでなく、オランダ、フランス、イギリス、スペイン、アメリカ、オーストラリアなどの西側の場所でも、実際に特定され、指導されています。 プンチャックシラットの開発と使用に関する結論は、実際には自己防衛と自己規律です。目的は、実際には、損害賠償を引き起こすことではなく、個人のライフスタイルを保護することです。 理想的な護身術の戦闘設計に向けて、学生は他のさまざまな専門家と一緒に教育します。初等教育セッションには、3人の追加研修生を利用して運動する初心者研修生が確実に含まれます。それにもかかわらず、高度な教育では、学生が自分自身で保護することを教育する必要がありますが、通常は5対7です。このタイプの教育は、実際には、複数の加害者を効果的に処理するために、頻繁に準備する必要があることを認識するために訓練生に推奨されます。確かに他の人に対する保護の機会を減らさずに、1人の挑戦者に対処することに向けて。   実際には、それ自体の最高の目的としての生存からなる武道であるため、プンチャックシラットは、費用対効果が高く、強力な方法に集中しています。プンチャックシラットのスペシャリストが使用して作成したテクニックのリストの中には、実際には、手ぶらでの戦闘に関連する打撃、蹴り、格闘があります。プンチャックシラットの人々は、グラップリングリロケーションに移る前に、主に敵を身に着けるために、ストライキとキックのリロケーションを簡単に利用できます。彼らは、加害者を動けなくするために、あるいはあらゆるタイプのパッドヘアーから逃れるためにさえ、ストレスの場所を目指します。人々は確かに、関節を打ったり、固定したり、破壊したりすることに関連する技術として、彼/彼女の体のシステムのすべてのコンポーネントを利用するように実際に指示されます。 スタンスはローカルのバリエーションによって異なりますが、実際には通常は珍しいだけでなく、対戦相手をサイドトラックすることを暗示しています。スペシャリストの地位に依存している彼女または彼は、保護的または断定的なテクニックのコレクションを簡単に実行できます。 メソッドの別のチームは、ツールの持ち込みを発行します。学校教育のこの特定の領域内で、学習者は確かに本物のツールを利用するだけでなく、ベルト、鉛筆、および櫛で構成されるデバイスとして、同等の空の手を実行するために、インスタント環境でポイントを利用することを発見しますメソッド。 プンチャックシラットで使用される広く知られているブレードツールは、実際にはクリスと呼ばれています。それは実際には一般的にでこぼこの刃を機能させる短剣です。通常、クリスは実際に工業化されており、製造中に毒液に浸すことで特に致命的になります。オプションの刃物は、実際にはインドの長い剣であるペダンです。クリスで構成されたペダンは、実際には主に貴族や王を介して使用されていました。クリスに似ているのは、実際にはスンダングと呼ばれる長い剣で、一般的にでこぼこの刃が含まれています。広く知られている丸い道具は、実際には猫の爪のように見える小さな道具であるカランビットです。髪の毛の中でかなり早く修復されたので、実際には女性の間で特に好まれてきました。 頼りになる長持ちする道具は、実際には、竹、材木、さらには鋼でできているバタン、人員、さらには支柱であり、槍、ペリサイ、さらには籐の警備員と一緒に一般的に使用される槍です。 サンプリングやスカートでさえ、攻撃者の切削工具と比較して、実際にはセキュリティに優れています。それはまた、引っ掛かり、固定、および窒息のために実行される可能性があります。 [...]